初めまして

コラム8

またまたお久しぶりです。
設備投資の話をもう一つ。


ATOSを導入するときは
「リバースエンジニアリングに使えるな」としか
考えていなかったのですが
最近、プラスチック関連の仕事をしています。
そこでよく出る話で
「寸法を出ているが機能しない」とか
「そりなどがうまく表現できない」
というものです。


よくよく考えて
「面として測定すれば表現するのが直感的にできるな」と
思うようになりまして
それでATOSにて測定して測定結果をお客様に見せてみたら
非常に喜ばれました。


昔から考えられていたことなのかもしれませんが
やはり、面として測定することで今までとは違った
切り込み方で良い製品を作るお手伝いができると
強く感じました。


ATOSは今までは高価でしたが
ATOSの新シリーズであればもう少し、現場に近いところで
使用できると思いました。
今後が楽しみになってきました。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8

Copyright (c) 2014  株式会社 イーエスイー  All Rights Reserved.